小技チョコレート

ちょっとした小技を紹介するだけのブログです。

Chrome系ブラウザで比較的綺麗に文字を表示できるフォントの紹介(Noto Sans JP)

Chrome系ブラウザで文字が不鮮明だったり、文字の輪郭がギザギザして汚く見えたりする場合、フォントをNoto Sans JP(無料)に変更すれば、見やすくなるかもしれません。

比較

Windows版のGoogle Chromeにおける比較です。
文字の輪郭、特に曲線部分の滑らかさに違いがあるのが分かります(クリックで拡大)。

源真ゴシックP使用時
f:id:ichbin:20201205120819p:plain:w500

Noto Sans JP使用時
f:id:ichbin:20201205120541p:plain:w500

Noto Sans JPのインストール方法

Windows10へのインストール方法を示します。

ブラウザでNoto Sans JP - Google Fontsにアクセスし、右上の“Download family”をクリックすると、“Noto_Sans_JP.zip”という名前のZIPファイルがダウンロードされます。

f:id:ichbin:20201205123339p:plain

このZIPファイルを解凍すると、拡張子が.otfのファイルが6個現れます。

f:id:ichbin:20201205121708p:plain

Windowsの設定画面を開き、検索フォームにfontなどと入力すると「フォント設定」という候補が現れるので、これをクリック。

f:id:ichbin:20201205122022p:plain

次の画面で、右上に「ドラッグ アンド ドロップしてフォントをインストールします」と書かれているエリアがあるので、ここに、上述のOTFファイル(拡張子が.otfのファイル)をドラッグアンドドロップします。

f:id:ichbin:20201205122105p:plain

以上です。

ブラウザにNoto Sans JPを適用する手順

Windows版のGoogle Chromeにおける手順を示します。

Google Chromeの設定画面にて、左のサイドバーの中の「デザイン」をクリックし、次に画面内の「フォントをカスタマイズ」をクリック。

次の画面で、「標準フォント」と「Sans Serifフォント」のところの選択欄にて“Noto Sans JP”を選択します。

f:id:ichbin:20201205123224p:plain

以上です。