小技チョコレート

ちょっとした小技を紹介するだけのブログです。

KOIZUMIのオフィスチェアJG6の座面の軋み音やぐらつきへの対処法

KOIZUMIのオフィスチェアJG6に座った状態で、上半身を左右や前に倒したとき(=座ったままで体重移動をしたとき)、ギシギシとかギリギリといった軋み音が座面から発生したり、座面がぐらついたりする場合の対処法を紹介します。
これは筆者が実践したもので、軋み音やぐらつきを完全に除去できるわけではないものの、5割程度は軽減できたと思います。

必要な工具

  • 大きめのプラスドライバー
  • 4mmの六角レンチ(新品のJG6に付属している六角レンチはサイズが合いません)

軋み音やぐらつきの原因

まず最初に、原因(の一つと思われること)を示しておきます。

こちらの画像はJG6の座面の裏側を示したものです。JG6の座面(人が座る部分)は、この画像で赤色で示した金属板(本記事ではプレートと呼びます)にボルトで固定されており、そのプレートは、別のボルトによって、緑色で示した部分(フレームと呼びます)に固定されています。

f:id:ichbin:20210507095323j:plain

このプレートをフレームに固定しているボルト(そのボルトはJG6の座面の真下に隠れているため、この椅子の完成状態ではほとんど見えません)の締め付けが不完全であることが、座面の軋み音やぐらつきの原因(の一つ)であると思われました。

したがって、そのボルトの締め付けの不完全さを直すことが、ここでの対処法となります。

対処の手順

こちらの画像で赤く示してある4本のボルトを外すと、座面がプレートから外れます(=座面が椅子本体から外れる)。

f:id:ichbin:20210507095308j:plain

すると、上述の「プレートをフレームに固定しているボルト」4本が、プレートの上面に露出しています(その状態の写真は撮り忘れたので、ありません)。

このボルトを締めるには、4mmの六角レンチが必要です。
ボルトのネジ山が軟らかいので、潰さないように注意してボルトを締め付けます。

このボルトを締め付け終えた状態で、プレートを手で持って上下に揺すってみると、なおもプレートがぐらついているかもしれません(筆者の個体はそうでした)。
その場合は、ボルトの頭とプレートとの間に隙間が空いていますから、適当な物を詰め込んで隙間を埋めます。

筆者は、ビニール袋を細長く切ったものを用意して、それをボルトの軸に巻きつけることで、ボルトの頭とプレートとの隙間を埋めました。

プレートを上下に揺すっても、ぐらつきが感じられない状態にすることができればOKです。

座面を元のとおりに取り付けて終了です。

Apple Watchでキーワードを音声入力してウェブ検索する方法

ウェブ検索したいキーワードをApple Watchに音声入力して、検索結果をApple Watchで開く方法を紹介します。


〈目次〉


機能

  • 検索対象のサイトは、デフォルトではこの10件です。
  • 1回の検索ごとに、この10件のサイトから1つを選択して検索します。
  • 検索キーワードの入力方法は、Apple Watchへの音声入力です。*1
  • 検索結果はApple Watchにてブラウザで開かれます。
  • 上掲の10件のサイトのうち、不要なものは選択肢から削除することができます。
  • デフォルトで用意されていないサイトを検索対象のサイトとして新規に追加できるかどうかは不明です。

iPhoneで事前に行う設定

iOSの「ショートカット」アプリで使用するショートカットを1個導入するために、iPhoneで下記のように設定します。*2

Apple Watchとペアリング済みのiPhoneを用意し、こちらのQRコードをそのiPhoneで読み取ると、そのショートカットを導入する画面が開きます。

f:id:ichbin:20210425155140p:plain
https://www.icloud.com/shortcuts/070ab7beab7e465f8e68c75e330078b8を開くQRコード

「このQRコードを常に“ショートカット”で開きますか?」の下にある「常に許可」をタップすると、「ショートカット」アプリが開きます。

f:id:ichbin:20210425164750j:plain:w400

「ショートカット」アプリの画面に「検索対象」というタイトルのショートカットが表示されるので、下の方にスクロールして「ショートカットを追加」をタップ。

f:id:ichbin:20210425164809j:plain:w400

f:id:ichbin:20210425164825j:plain:w400

すると「マイショートカットに追加されました」というメッセージが出ます。

その後で、アプリ左下の「マイショートカット」をタップすると、

f:id:ichbin:20210425170916p:plain:w400

「すべてのショートカット」という画面の左上に「検索対象」というショートカットが導入されています。

f:id:ichbin:20210425170937j:plain:w400

この「検索対象」と書いてある青色の四角形をタップ。

すると、このような画面に変わります。下の方にスクロールしていくと、検索対象となるサイトが列挙されています。

f:id:ichbin:20210425165043p:plain:w400

f:id:ichbin:20210425165102j:plain:w400
(検索対象となるサイトが列挙されている箇所)

もしも不要なサイトがあれば、各行の左端の赤丸のアイコンをタップし、その行の右端に現れる「削除」をタップします。

f:id:ichbin:20210425165150j:plain:w400

すると、削除したいそのサイトについて「“○○”のアクションも削除しますか?」というダイアログが出るので、「アクションを削除」をタップします。

f:id:ichbin:20210425165202j:plain:w400

削除したいサイトをすべて削除したら、右上の青い円のアイコンをタップ。

f:id:ichbin:20210425165222j:plain:w400

すると、このような画面に変わります。

f:id:ichbin:20210425165243j:plain:w400

上部の虫眼鏡アイコンのところをタップすると、画面上でのアイコンの絵柄や色を変えることができます。
また、その隣の「検索対象」という文字は、画面上でのアイコンの名前になります。他の名前に変えたければ、ここで書き換えます。
画面中央の「Apple Watchに表示」のスイッチは必ずオンにしておきます。

そこまでできたら、右上の「完了」をタップ。

この画面に戻るので、ここでも右上の「完了」をタップ。

f:id:ichbin:20210425165222j:plain:w400

iPhoneでの設定はこれで完了です。

Apple Watchでの操作方法

Apple Watchのアプリ一覧などから「ショートカット」をタップ。

f:id:ichbin:20210425165548j:plain:w400

上述の手順で「ショートカット」アプリに導入したショートカット「検索対象」が表示されます。これをタップ。

f:id:ichbin:20210425165608j:plain:w400

すると、「何を検索しますか?」という文字の下にアイコンが3つ出ます。

f:id:ichbin:20210425165631j:plain:w400

左端のアイコンが音声入力、中央は絵文字のみの入力、右端はキーボード入力(iPhoneからの操作が必要)です。
左端の音声入力アイコンをタップします(絵文字入力は実用性がありません。キーボード入力はiPhoneでの操作が必要なので、本記事からは割愛します)。

すると音声入力の画面になるので、検索したいキーワードをApple Watchに話しかけます。

f:id:ichbin:20210425165658j:plain:w400
(「ほげほげ」と話しかけた状態)

話し終わったら右上の「完了」をタップ。

すると、検索対象のサイトを選択する画面になります。どれか1つをタップします。

f:id:ichbin:20210425165732j:plain:w400

選択したサイトで検索した結果がApple Watchのブラウザで開かれます。

f:id:ichbin:20210425165805j:plain:w400
(「ほげほげ」をGoogleで検索した例)

*1:キーボード入力も受け付けられているようですが、キーボードをiPhoneから操作しなければならないうえ、記事執筆時点でそのキーボードが筆者のiPhoneに正しく現れなかったので、本記事からは割愛します。

*2:導入するショートカットは、iOSの「ショートカット」アプリの中の「ギャラリー」のコーナーに予め用意されているものです。

iPhone / iPadで選択した文字列を「辞書 by 物書堂」アプリの辞書内で検索する2つの方法

辞書 by 物書堂」アプリがインストールされていて、同アプリ内の「物書堂ストア」で辞書を購入済みであるiPhone / iPadにおいて、画面上で選択したテキスト(文字列)を同アプリの辞書内で検索する方法を2つ紹介します。


〈目次〉


検索方法

コンテキストメニューから検索する方法

iPhone / iPadの画面上でテキストを選択してコンテキストメニューの中の「共有」をタップ。*1

f:id:ichbin:20210424165854p:plain:w400
Safariで「リンゴ」を選択してコンテキストメニューを開いた状態)

次の画面で「辞書」を選択。

f:id:ichbin:20210424165934p:plain:w400
(もしもここに「辞書」が無ければ、「アクションを編集」をタップして「辞書」を有効にする)

すると、「辞書 by 物書堂」アプリ内の辞書で、その文字列に当てはまる項目が開かれます。

f:id:ichbin:20210424170209p:plain:w400
三省堂大辞林 4.0』「りんご」の項目)

共有アイコンから検索する方法

テキストを選択し、共有アイコンをタップ。

f:id:ichbin:20210424170509p:plain:w400

次の画面で「辞書」を選択。

f:id:ichbin:20210424170531p:plain:w400
(もしもここに「辞書」が無ければ、「アクションを編集」をタップして「辞書」を有効にする)

すると、「辞書 by 物書堂」アプリ内の辞書で、その文字列に当てはまる項目が開かれます。

f:id:ichbin:20210424170209p:plain:w400
三省堂大辞林 4.0』「りんご」の項目)

他の辞書に切り替える方法

「辞書 by 物書堂」アプリにて2つ以上の辞書を購入済みであるときは、辞書の該当項目が開かれている状態で画面上部の▼をタップすると、他の辞書に切り替えることができます。

f:id:ichbin:20210424171652p:plain:w400

チェックマークが付いている項目が、現在開かれているもの(『大辞林』での「りんご」)。その下に他の辞書があり、そちらをタップすると切り替わります。

f:id:ichbin:20210424172124p:plain:w400
三省堂ウィズダム英和・和英辞典』「りんご 林檎」の項目)

*1:テキストを選択しただけではコンテキストメニューが開かないときは、その選択したテキストを一回タップすると開きます。

記事にするほどでもない小技集(13)


〈目次〉


Apple Watchの「防災速報」アプリに「iPhone側で地域か現在地連動のいずれかを設定してください」というエラーが出る場合の対処法

iPhone側の「防災速報」アプリにて、現在地連動をオフにして、かつ「地域」を設定すれば、このエラーは出なくなります。

f:id:ichbin:20210421160627p:plain:w400

Google LLCのAndroidアプリ「メッセージ」からSMSが送れない場合の対処法

Androidアプリ「メッセージ」からSMSを送れない場合、同アプリの設定画面で「チャット機能」をオフにすると解決する可能性があります。*1

設定方法

「メッセージ」アプリの右上の︙のアイコンをタップし、

f:id:ichbin:20210420175245j:plain:h400

「設定」→「チャット機能」と進んで「チャット機能を有効にする」のところをオフにします。

f:id:ichbin:20210420175240j:plain:w400

*1:筆者はAQUOS Sense4 liteでドコモ回線を使っている際に、この方法での解決を経験しました。