「休憩の開始」と「休憩後の作業時間の開始」を自動で実行するポモドーロタイマー

「ポモドーロタイマー」と銘打っているソフトウェアは多くありますが、*1

  • 作業時間が終わった後の、休憩の開始
  • 休憩が終わった後の、作業時間の開始

という2つのイベントを自動で実行するもの、つまり、

作業時間→休憩→作業時間→休憩→…

という繰り返しを自動で継続し続けるソフトは、それほど多くはありません。ここでは、数少ないそのようなポモドーロタイマーを紹介します。*2


〈目次〉


Androidアプリ

Clockwork Tomato

Linux用ソフト

A Pomodoro Timer for GNOME

休憩が終わったあとで作業時間を自動で開始するには、設定画面の中の"Wait for activity after a break"のところをオフにする必要があるようです。

f:id:ichbin:20180602081453p:plain

Linux Mint 18.3では起動しないかもしれませんが、Linux Mint 19 Cinnamonでは使えます。

Pomodoro-Indicator

起動中の画面表示は、「インジケーター」のところにアイコンが表示されるだけ。時間が進むにつれて、アイコンの丸い部分が円グラフ式に塗りつぶされていきます。

f:id:ichbin:20180509183012p:plain

設定項目はこのようになっています。

f:id:ichbin:20180509183041p:plain

上から、

  • 作業時間を何回経たら「長い休憩」に入るか
  • 作業時間の長さ(分)
  • 休憩の長さ
  • 「長い休憩」の長さ
  • 作業時間や休憩の、開始/終了時に音を鳴らすか
  • 作業時間の終了時(=休憩の開始時)に鳴らす音
  • 休憩の終了時(=作業時間の開始時)に鳴らす音
  • OSの起動時に自動起動するか
  • インジケーターのアイコンを白色で表示するか

となっています。

Pomodoro Timer(Cinnamonのアプレット

Cinnamonデスクトップ環境で、パネル(Windows風に言えばタスクバー)の中に入れて使うソフト(アプレット)です。

f:id:ichbin:20180521151052p:plain

パネルを右クリックして「アプレットを追加」をクリックし、表示された画面で、上部の「Download」ボタンをクリック。検索フォームにpomodoroと入力すると、このソフトが表示されるので、右端にある「↓」の矢印をクリックするとダウンロードされる。

f:id:ichbin:20180521151334p:plain
(ダウンロードが済むと、右端にチェックマーク ✓ が表示される)

次に、上部の「Manage」ボタンをクリック。すでにダウンロードされているアプレットの一覧が表示されるので、このソフトをマウスで選択してから、ウィンドウの下の方にある「+」ボタンをクリック。これでパネルに追加されます。

f:id:ichbin:20180521151659p:plain

パネルに表示された部分をクリックして、「Setting」をクリックすると設定画面が開きます。

f:id:ichbin:20180521151052p:plain

設定画面の「Options」のコーナーで「Auto start…」で始まっている項目2つをオンにしておけば、「作業時間終了後の、休憩の開始」と、「休憩終了後の、作業時間の開始」を自動で実行してくれます。

f:id:ichbin:20180521152147p:plain

Tomato(tomatoapp-bzr)

設定画面で「新しいポモドーロを手動で開始する」をオフにしておけば、作業時間→休憩→作業時間→という繰り返しを自動で継続します。

f:id:ichbin:20180706082903p:plain

(備考)Arch Linux User Repositoryでの検索結果

Arch Linux User Repositoryをpomodoroで検索すると、上述のアプリケーションの他にも、十数個のアプリケーションが登録されています(実利用をしていないものは紹介を控えています)。

Windows用ソフト

(2018/05/13現在、見つかっていません。ご存知でしたらコメント欄などでお知らせくださると幸いです。)

*1:ポモドーロタイマーとは、ポモドーロ・テクニックに使うためのタイマーのこと。

*2:この記事で紹介しているもの以外の多くの「ポモドーロタイマー」は、休憩の開始や作業時間の開始を、マウスやキーボードによる手動の操作で実行しなければならない仕様になっています。