Linuxでアプリの起動やファイル検索などができる軽快なランチャー"Albert"

インストール

Albertのインストールの手順は、Githubによるとこのとおりです。

また、下記のページの"Install Albert"というところにも情報があります。

それらのページで解説されている方法でインストールできなければ、こちらからdebパッケージをダウンロードしてUbuntuソフトウェアセンターなどで開けばインストールできます。

設定

インストール直後はAlbertは起動していませんから、端末などから手動で起動します。

f:id:ichbin:20180731075017p:plain

端末で albert と実行すると起動します。

最初に起動すると、こちらの画面でホットキーの設定などを求められるでしょう。

f:id:ichbin:20180731073945p:plain

左上の"Hotkey"の欄でホットキーを設定します。左下の"Autostart on login"にチェックを入れておけば、Linuxへのログイン時に自動で起動します。画面のデザインは右上の"Theme"の欄から変更できます。

左上の"Extension"をクリックすると、こちらの画面になります。

f:id:ichbin:20180731074634p:plain

この画面でチェックを入れた項目のみ、albertから実行することができます。

それぞれの項目の機能はこのようになっています(一部の項目は筆者が理解できないため説明を省略)。

  • Application - アプリケーションを名前で検索し、実行
  • Calculator - 電卓
  • Chrome Bookmarks - ChromeおよびChromiumのブックマークを検索し、ブラウザで開く
  • External extensions
  • Files - ファイル検索
  • Firefox Bookmarks - Firefoxのブックマークを検索し、ブラウザで開く*1
  • Hash Generator - 任意の文字列のハッシュ値を表示
  • MPRIS Control - VLCのようなメディアプレーヤーをコマンドで操作する
  • Python
  • SecureShell
  • Snippets - あらかじめ作成しておいたスニペット(短い文字列)を検索し、クリップボードに貼り付ける
  • System - 画面ロック/ログアウト/サスペンド/ハイバネート/再起動/シャットダウンを実行
  • Terminal - 入力したコマンドを端末で実行
  • VirtualBOx
  • WebSearch - 入力したキーワードをウェブ検索する

設定がすべて済んだら、この設定画面を閉じます。

使い方

設定したホットキーを押すと、デスクトップの中央に入力画面が表示されます。

f:id:ichbin:20180731083147j:plain

文字を入力すると、候補が表示されます。Enterキーで確定します。

動作中の様子はGithubに載っています。

このalbertの右上に小さく表示されている歯車のアイコンをクリックすると、上述の設定画面が開きます。

*1:2018/11/02現在、筆者の環境では、この機能は動きません。