BUFFALOの無線LANアダプタ WLI-UC-GNM と Linux Mint / Ubuntu の相性を調べる

BUFFALOの無線LANアダプタ WLI-UC-GNMUbuntuに挿すだけで使えるというのは有名な話です。私もUbuntu 14.04 LTSで使用していました。

その他のバージョンのUbuntuLinux Mintでも挿すだけで使えるか? それを試してみましたので、結果を書いておきます。富士通のFMV D5260(FMVDA2A0C1)で試した結果です。

各OSをHDDにインストールして起動した場合*1

  • Linux Mint 18.3 Sylvia Cinnamon Edition(64bit)
    • 挿すだけで使える。
  • Ubuntu 18.04 LTS, Kubuntu 18.04 LTS, Ubuntu Budgie 18.04 LTS, Xubuntu 18.04 LTS
    • 挿すだけで使える。
  • Manjaro 17.1.10 Cinnamon Edition
    • 挿すだけで使える。
  • Elementary OS 0.4.1 Loki
    • 挿すだけで使える
  • Ubuntu 16.04 LTS
    • 挿すだけで使える。
    • "sudo apt-get dist-upgrade"の実行後に使えなくなりました(2018年5月時点)

各OSをLive USBから起動した場合

それぞれのOSを、ハードディスクにインストールせずLive USBから起動した状態では、このようになります。

  • Linux Mint 18.3 Sylvia Cinnamon Edition(64bit)
    • 挿すだけで使える。
  • Ubuntu 18.04 LTS, Kubuntu 18.04 LTS, Ubuntu MATE 18.04 LTS, Ubuntu Budgie 18.04 LTS, Xubuntu 18.04 LTS, Lubuntu 18.04 LTS
    • 挿すだけで使える。
  • Manjaro 17.1.10 Cinnamon Edition, 同GNOME Edition, 同Xfce Edition, 同Deepin Edition
    • 挿すだけで使える。
  • Elementary OS 0.4.1 Loki
    • 挿すだけで使える
  • Zorin OS 12.3 Core
    • 挿すだけで使える
  • Ubuntu 16.04 LTS
    • WLI-UC-GNMをUSB端子に挿したままUbuntuを起動すると、WLI-UC-GNMが使えない。
    • Ubuntuの起動後にWLI-UC-GNMをUSB端子に挿すと、使える。

*1:ただし、端末で"sudo apt-get dist-upgrade"を実行するなどして、Linuxカーネルファームウェアが更新されると、使えなくなることがありえます。