Evernoteのブラウザ版で外部リンクを開くときの「Evernoteの外に移動します」ページをスキップする方法

Evernoteのブラウザ版(Evernote Web)で外部リンクを開こうとすると、このような転送ページが表示されます。 f:id:ichbin:20180923164322p:plain

この転送ページをスキップして、外部リンクを自動で開くようにする方法を紹介します。

必要なもの

ブラウザの拡張機能“Tampermonkey”(Chrome拡張機能Firefoxアドオン)を使います。Chrome拡張機能Firefoxアドオンのどちらかが利用できるブラウザが必要です。

設定の手順

ブラウザに、上述のTampermonkeyをインストールします(※以降はChromeの場合で説明しますが、Firefoxアドオンを使っている場合も、操作は同じだと思われます)。

ブラウザのツールバーに表示されたTampermonkeyのアイコンをクリックして開くウィンドウの中の「ダッシュボード」をクリック。
f:id:ichbin:20180923163806p:plain

このような画面が開きますので、右上のほうにある「+」のアイコンをクリック。 f:id:ichbin:20180923163845p:plain

この画面が開きます。 f:id:ichbin:20180923163900p:plain

その画面で、中央の入力欄に表示されている文字を全て消したうえで、下記のスクリプト(出典はこちら)を、その入力欄にコピー&ペーストします。

// ==UserScript==
// @name         Evernote Outbound Clicker
// @namespace   http://harristribe.co.uk/
// @version      1.0
// @description  Avoids the evernote outbound page 
// @author       Rob Harris
// @include     https://www.evernote.com/OutboundRedirect.action*
// @grant        none
// @run-at       document-start
// ==/UserScript==

(function() {
    'use strict';

    var urlParams = new URLSearchParams(window.location.search);
    window.location.href = urlParams.get('dest');
})();

ペーストしたら、左上にある「ファイル」メニューを開き、「保存」をクリック。 f:id:ichbin:20180923163933p:plain

すると、この画面になります。Tampermonkeyの画面は閉じてもかまいません。 f:id:ichbin:20180923163944p:plain

以降は、Evernoteのブラウザ版で外部リンクをクリックすると、「Evernoteの外部へ移動します」という転送ページからリンク先へと自動で遷移するようになります。