小技チョコレート

ちょっとした小技を紹介するだけのブログです。

AQUOS Sense4 liteの「my楽天モバイル」で楽天回線/パートナー回線の区別が表示されないときの対処法

Rakuten UN-LIMIT VのSIMを使用しているスマートフォンで、アプリ「my楽天モバイル」を起動すると、このアプリの画面の一番上のほうに、「その端末で接続している回線が楽天回線かパートナー回線か」を示す表示が出ますが、AQUOS Sense4 liteではそれが表示されない場合があるようです。*1筆者のAQUOS Sense4 lite(Androidバージョンは11)はそれに該当しており、回線の区別が同アプリに表示されませんでした。

f:id:ichbin:20210212231838j:plain:w400
(本来は電話番号の下に回線の区別が表示される)

価格.comのクチコミに寄せられている情報と、筆者のAQUOS Sense4 liteの状態を併せて推察するに、

  • AQUOS Sense4 liteのAndroidバージョンが11である。*2
  • Rakuten UN-LIMIT VのnanoSIMカードをSIMカードトレイに挿入して使用している。
  • eSIMは使用していない。

という条件が揃ったときに、回線の区別が表示されないのではないかと思われました。

回線の区別が表示されない場合の対処法として、下記の2通りの方法があります。

方法1:他のアプリを使う

こちらのアプリを使うと、どちらの回線に接続しているか知ることができます。

方法2:nanoSIMをeSIMに切り替える

筆者のAQUOS sense4 liteで使用しているRakuten UN-LIMIT VのnanoSIMを、eSIMに切り替えると、その端末で「my楽天モバイル」を起動したときには、回線の区別が表示されるようになりました(2021年2月10日時点の現況です)。

f:id:ichbin:20210212080551j:plain:h500

nanoSIMをeSIMに切り替える(=交換する)手順は下記の記事を参照下さい。

備考:デュアルSIMかつデータ通信を他社SIMで行う場合も回線の区別は表示される

AQUOS Sense4 liteでRakuten UN-LIMIT VのeSIMを使用し、かつ他社のnanoSIMカードも挿入したデュアルSIMの状態にして、デフォルトのデータ通信をnanoSIMカードでおこなうように設定した状態(Rakuten UN-LIMIT VのeSIMは、通話とSMSのデフォルトとして使用する状態)にしたうえで、Wi-Fiとの接続を切って「my楽天モバイル」を起動したところ、回線の区別は表示されました(2021年2月12日時点)。

f:id:ichbin:20210212085632j:plain:w400
(他社のnanoSIM(ドコモ回線)も挿入し、データ通信をそちらで行う状態)

f:id:ichbin:20210212085747p:plain:w400


[rakuten:rakutenmobile-store:10000390:detail]

*1:楽天モバイルのヘルプによると、「Android 10以上のバージョンでは、一部機種においてアプリ上でエリアの表示がされない場合がございます」とのことです。

*2:AQUOS Sense4 liteでAndroidバージョンを確認するには、端末の設定画面→「デバイス情報」と進みます。