YouTube Musicをデスクトップアプリケーションとして利用する方法

Google Play MusicのデスクトップアプリケーションであるGoogle Play Music Desktop Player(GPMDP)を使うと、YouTube Musicをデスクトップアプリケーションとして使うことができます(GPMDPが備えている機能については後述)。


〈目次〉


Google Play Music Desktop PlayerでYouTube Musicを利用する方法

GPMDPをインストールし、起動します。

Windowsの場合は、システムトレイに表示されているGPMDPのアイコンをマウスで右クリックし、そこに表示されたメニューの中の“YouTube Music”を選択すると、このアプリの表示内容がYouTube Musicに切り替わります。

f:id:ichbin:20181114171851p:plain

Linuxの場合は、パネルに表示されているGPMDPのトレイアイコン(下記の画像では右から3個目)をマウスで右クリックし、そこに表示されたメニューの中の“YouTube Music”を選択します。

f:id:ichbin:20181114172128p:plain

Google Play Music Desktop Playerの機能

GPMDPでYouTube Musicを開くと、GPMDPが備えている機能を、YouTube Musicの利用中にも使えるようになると思われます。GPMDPの設定画面に表示されている機能のうち、主なものはこちらです(YouTube Musicの利用中に、これらの機能の全てが使えるかどうかは、未確認です)。

  • ホットキー(キーボードショートカット)
    • 再生・一時停止/停止/前の曲/次の曲/高く評価/低く評価/音量を上げる/音量を下げる/再生中の曲の情報をデスクトップ通知で表示
  • ウィンドウを閉じたらシステムトレイに最小化する
  • OSの起動時に自動で起動する
  • 起動中はコンピュータをスリープさせない
  • 音声によるコントロールをする
  • JSON APIを有効にする
  • Playback APIを有効にする
  • 起動時には、前回の起動時に最後に表示していたページを自動で開く
  • 再生中に歌詞を表示し、自動でスクロールする
  • Discord Rich Presence integration
  • メニューを日本語以外で表示する
  • ミニプレーヤー
  • Last.fmとの接続
  • ListenBrainzとの接続
  • Experimental support for multiple audio channels such as 5.1 audio
  • 低く評価した曲を自動でスキップ

Google Play Music Desktop Playerにダークテーマを適用する方法

上述の画像にもあるように、GPMDPでYouTube Musicを使う場合は、GPMDPにダークテーマを適用せよというアナウンスがされています。それを無視しても、GPMDPでYouTube Musicを問題なく使えますが、ダークテーマを適用する方法も一応紹介しておきます。

GPMDPの左側のサイドバーを開いて、「デスクトップ設定」をクリック。

f:id:ichbin:20181116125858p:plain

“Settings”というウィンドウが開くので、中央あたりにある「カスタムテーマを使用する」にチェックを入れ、その下に表示される選択欄で「ダーク」を選択。これでダークテーマになります。

f:id:ichbin:20181116125920p:plain

Linuxにおけるトラブルシューティング(1) トレイアイコンが表示されない

LinuxにおいてGPMDPのトレイアイコンが表示されていない場合の対処法は、開発者からこちらのようにアナウンスされています(下記に抄訳)。

json_stores/.settings.jsonに、次のように記入。

{
  "service": "youtube-music"
}

Linuxにおけるトラブルシューティング(2) Cinnamonでトレイアイコンが表示されない

Linuxのデスクトップ環境がCinnamonであるときに、GPMDPのトレイアイコンが表示されない場合があるようです。

その場合、Cinnamonのアプレットとして「サウンド」(sound@cinnamon.org)をインストールし、

f:id:ichbin:20181117100155p:plain

このアプレットの設定画面で“Hide system tray icons for compatible players”のオンとオフを交互に切り替えてみると、それまで表示されていなかったGPMDPのトレイアイコンがパネルに表示されるようです。

f:id:ichbin:20181114164608p:plain