Linux Mintのログイン画面から「ゲストセッション」を消そうとするとログインできなくなる問題の解決法

Ubuntu 16.04 LTSで、ログイン画面に表示される「ゲストセッション」をログイン画面から消すには、 /etc/lightdm/lightdm.conf というファイルに、

allow-guest=false

という1行を書き加えればよいという情報がWebにあります。

それを、Linux Mint 18.3 Cinnamon(64bit)で実行して再起動すると、Linux Mintロゴマークが表示された画面から先へ進まなくなり、ログイン画面も表示されず、管理者であってもログインできなくなることがあるようです。

この問題は、上述の書き加えた1行を /etc/lightdm/lightdm.conf から消すことで解決します。

ここでは、Windowsを使ってそれを実行する方法を紹介します(Windows以外のOSを使って同じことをするのも可能だと思います)。

必要なもの

  • Windowsが起動するPC
    • ログインできなくなったLinux Mintがインストールされているハードディスクを、このPCに物理的に接続すること(SATA接続でも、USB接続でも可)。
    • 同一のハードディスクにWindowsLinux Mintがインストールされていて、デュアルブート/マルチブートの状態になっているなら、そのWindowsを起動するだけでよい。
  • Windowsのフリーウェア「Ext2Fsd

手順

Windowsを起動できるPCを用意し、ログインできなくなったLinux Mintがインストールされているハードディスクを、SATA接続または外付けハードディスクとしてこのPCに接続し、Windowsを起動。

こちらのページに書いてある手順に従ってExt2FsdをWindowsにインストールし、Ext2 Volume Managerを起動する。

Linux Mintがインストールされているパーティションをマウスで選択して右クリックし、 Change Drive Letter をクリック。

f:id:ichbin:20180504170154p:plain
Linux Mintがインストールされているパーティションをマウスで選択した状態)

Change Drive Letters というウィンドウが表示されるので、右上の Add をクリック。

f:id:ichbin:20180504170314p:plain

Linux Mintがインストールされているパーティションに割り当てるドライブレターを決める画面が現れるので、右上の選択欄から適当な文字を選んでOKをクリック。

f:id:ichbin:20180504170353p:plain

Ext Volume Manager の画面にある Tools というメニューを開いて Service Management をクリック。

f:id:ichbin:20180504171853p:plain
(ここの Tools を開く)

Ext2Fed Service Management というウィンドウが表示されます。

f:id:ichbin:20180504170520p:plain

この画面の Service status のところには、デフォルトでは Ext2Fsd is already started. という表示があるはずです。もしもそこに Ext2Fsd is NOT started. と表示があれば、その右にある Start ボタンを押します。

"Current service settings will be overwritten, do you want continue ?"という画面が出たら、「はい」をクリック。

f:id:ichbin:20180513164345p:plain

同じ画面の Global Volumes Settings のところにある3つの選択欄は、上述の画像のようにチェックを付けます。そして右下の Apply のボタンをクリック。

ここまで済ませてから、Windowsエクスプローラを開くと、上述の手順でドライブレターを割り当てたパーティションが表示されているので、それを開きます。

f:id:ichbin:20180504170625p:plain
(この画像では X というドライブレターを割り当てたパーティションが「ローカルディスク」として右下に表示されている)

f:id:ichbin:20180504170738p:plain
(上述の手順でドライブレターを割り当てたパーティション(ここでは X:)を開くと、このようにフォルダが並んでいるはず)

この時、このパーティションの中身がこのようにエクスプローラーに表示されず、このパーティションのフォーマットを促すメッセージが出た場合は、Ext2Fsdが適切に動作していません。また、このパーティションのフォーマットを実行してしまえば、Linux Mintはこのハードディスクから消えてしまうので、絶対にフォーマットはしないようご注意ください。

/etc/lightdm/ のフォルダを開く。

f:id:ichbin:20180504170940p:plain

このフォルダに、上述の lightdm.conf というファイルがあるので、これをテキストエディタで開いて、上述の allow-guest=false を消して上書き保存。*1

f:id:ichbin:20180504170955p:plain

これで手順は終了です。以降は、Linux Mintのログイン画面は元通り表示され、それぞれのユーザーがログインできる状態に戻ります。

備考

/etc/lightdm/lightdm.conf を、上述のように他のOS経由で編集するのではなく、Linux Mintのアドバンスドモードから編集することも可能なのかもしれませんが、よく分かりません。

/etc/lightdm/lightdm.conf というファイル自体の削除を試みて、Linux Mintのアドバンスドモードにて sudo rm /etc/lightdm/lightdm.conf としてみたことがありますが、ファイルのパーミッションが Read only なので削除はできないとのことでした。

*1:ファイルのパーミッションの関係で上書き保存が拒絶されることもありません。