gnome-screenshotで撮ったスクリーンショットの保存先フォルダを変更する方法

GNOMEにデフォルトで搭載されているgnome-screenshotというソフトで撮ったスクリーンショットの保存先フォルダを変更する方法として、dconfエディターをいじる方法(下記の方法1)がありますが、それだけでは正しく変更されない場合があるようですので、その解決法(方法2)もあわせて紹介します。こちらの記事の抄訳です。

方法1:dconfエディターの設定を変える翻訳元

dconf-editorをインストールし、orggnomegnome-screenshotauto-save-directoryと進み、

f:id:ichbin:20190109082127p:plain

Use default valueのスイッチをオフにして、Custom valueのところに、保存先として指定したいフォルダのパスを記入します。

f:id:ichbin:20190109082124p:plain

方法2:Gnome Shell ExtensionのScreenshot locationsを使用翻訳元

GNOME Shell ExtensionのScreenshot Locationsをインストール。 GNOMETweaksを起動し、サイドバーの「拡張機能」のところをクリックし、Screenshot locationsの右側にあるスイッチをオンにしたうえで、その隣にある歯車のアイコンをクリック。

f:id:ichbin:20190109082122p:plain

スクリーンショットの保存先フォルダを指定するウィンドウが開くので、上述のdconfエディターに入力したのと同じパスを入力してSaveをクリック。これで完了です。

f:id:ichbin:20190109082119p:plain