Dynalistの内容をWorkFlowyにコピーする方法

DynalistAndroidアプリの場合で手順を説明します。iOSアプリやブラウザからも、概ね同じ手順で実行できると思います。


〈目次〉


注意点

  • Dynalistに存在している全ての行を一度にコピーすることはできず、Dynalistのそれぞれのドキュメント(doc)ごとに1回ずつ、コピーの作業をする必要があります。
  • Dynalistでは各ドキュメントにタイトルを付けることができますが、このタイトルは自動ではコピーされませんので、Workflowy側でタイトルのみ手動で再現する必要があります。

手順

Dynalistのアプリの左上にある「≡」の形のアイコンをクリックしてサイドバーを表示し、コピーしたいドキュメントの右側にあるの形のアイコンをクリック(ここでは、例として「小説」というタイトルのドキュメントをコピーの対象とします)。

f:id:ichbin:20171215175013p:plain

画面の下からウィンドウがスライドして上がってくるので、

f:id:ichbin:20171215175010p:plain

その中の“Export”をクリック。

次の画面で、

f:id:ichbin:20171215175006p:plain

上部にある“Plain text”をクリック。

f:id:ichbin:20171215175003p:plain

“Indentational style”という選択欄が現れるので、左端にある“Spaces”を選択。

f:id:ichbin:20171215174918p:plain

中央の四角く囲まれたところにはドキュメントの内容がテキストとして表示されているので、これを選択し、テキストとしてコピーします(このテキストがクリックボードにコピーされる)。

Workflowyを開き(アプリでもブラウザでも可)、

f:id:ichbin:20171215174914p:plain

前述のとおり、Dynalistでのコピー元のドキュメントのタイトルは引き継がれませんので、これを再現する必要があれば、元のタイトルを記入した行を作ります(「小説」)。

さきほどコピーしたものを、この行の下の階層にペーストしたい場合は、

f:id:ichbin:20171215174912p:plain

元のタイトル(「小説」)の下の行を1階層下げます。

ペーストすべき位置を選んで「貼り付け」を実行。

f:id:ichbin:20171215174909p:plain

f:id:ichbin:20171215174903p:plain

貼り付けが完了です。Dynalistでの階層構造が引き継がれています。

(備考)Dynalistからコピーした時点でのテキストのフォーマットについて

上述の手順でDynalistからコピーしたテキストは、Workflowyにペーストされる前の状態では、

  • 最上位の階層(行)は行頭に半角スペースが無い
  • 階層が1段下がるごとに、行頭に半角スペースが4個ずつ付く

というフォーマットになっています(下記参照)。

f:id:ichbin:20171215190611p:plain