AndroidアプリのQuickShortcutMakerで作ったショートカットをSwiftly Switchの中に設置する方法

Swiftly Switchの、

  • Recent app
  • Grid Favorites
  • Circle Favorites

という3つのモードのどれに対しても、QuickShortcutMakerで作ったショートカットを設置することができます。手順は3つとも同じです。

設定の手順

“Recent app”のモードに設置する場合で説明します。

Swiftly Switchを起動し、“GENERAL”のタブを開いて、その一行目の“Recent app”をタップ。

f:id:ichbin:20171208103450j:plain

次の画面で、

f:id:ichbin:20171208103728j:plain

ショートカットを設置したい行をタップ。

f:id:ichbin:20171208103522j:plain

このようにショートカットの種類を尋ねるポップアップが出てきたら、「ショートカット」をタップ。

次の画面で、

f:id:ichbin:20171208103746j:plain

画面上部のタブの中の「ショートカット」というタブを選択。すると、その下に並んだアイコンの中に、「アクティビティ」という名前が付いたQuickShortcutMakerのアイコンがあるので、それをタップ(上の画像では最後の行)。

QuickShortcutMakerが起動するので、

f:id:ichbin:20171208103652j:plain

作成したいショートカットをタップ。

次の画面で、

f:id:ichbin:20171208103637j:plain

右下の「作成」をタップ。

すると再びSwiftly Switchの画面に戻ります。

f:id:ichbin:20171208103502j:plain

このように画面の一番下に、QuickShortcutMakerで選択したショートカットのアイコンが表示されます。右端のOKをタップ。

すると、

f:id:ichbin:20171208103621j:plain

ショートカットが作成されます。

ショートカット作成後の注意点

Swiftly Switchの中にショートカットを作成した後でQuickShortcutMakerをアンインストールすると、Swiftly Switchの中に作ってあるショートカットも一緒に消えてしまう場合があるので、QuickShortcutMakerはアンインストールしないほうがよいでしょう。