はてなブログをAndroid端末でも「よりマシ」に編集するための小技

Android版のはてなブログアプリは使いにくく、Google Play ストアでの評価も低い*1。ウェブブラウザでの編集画面と比べると、記事に対して設定できる項目が少ないですし、何より気になるのは編集画面に表示される原稿の文字組みが美しくなく、編集画面の縦スクロールがぎこちないこと。常用したいアプリとはとても言えません。

とはいえ、はてなブログAndroid端末のみで編集せざるを得ないときもあるので、そういうときでも「よりマシ」に編集できる小技を紹介します。


〈目次〉


概要

小技といっても要するに、自分の使いやすいテキストエディタで原稿を作り、出来上がった原稿をはてなブログアプリの編集画面にペーストしたりメールで投稿したりすれば、はてなブログアプリの編集画面の使いにくさを極力経験せずに済むという、ただそれだけの対症療法です。

必要な設定

その場合、記事の本文に対する装飾(太字、斜体、文字色変更など)や見出しの設置、リンクの設置、引用箇所の設定なども、はてなブログアプリの外で(テキストエディタで)済ませておいたほうがラクです(ただし画像の挿入は、後述するようにアプリの編集画面から行うほうがラクです)。そのためには、下記のような設定があらかじめ必要になります。

はてなブログで記事本文に対するそういった装飾などの指定をするためには、「はてな記法」とHTMLタグとMarkdownが使えます。この3つのうち、はてな記法とHTMLタグは機能が豊富です。それに比べてMarkdownで出来ることは非常に限られていますがMarkdownのみでも基本的なことはカバーできます。そして、はてな記法とHTMLタグとMarkdownを混ぜて使うことができます。

はてな記法やHTMLタグやMarkdownを使う場合は、あらかじめ、はてなブログアプリの設定画面(またはウェブブラウザ版のはてなブログの設定画面)で、はてなブログの「編集モード」を適切なものに選んでおきます。

はてなブログアプリの場合は、アプリの右上の「︙」の形のアイコンを押して開く設定画面の「編集モード」をタップすると、

f:id:ichbin:20171201095249j:plain

四角い画面がポップアップし、編集モードの選択を求められます。

Markdownを使わず「はてな記法」やHTMLタグを使う場合は、編集モードとして「はてな記法」と「Markdown」のどちらを選んでも構いません。

Markdownも混ぜて使う場合や、Markdownのみを使う場合は、「Markdown」を選びます。

「見たまま編集」という編集モードは、はてなブログアプリの編集画面を長時間使うことになるので避けます。

編集モードを選択したら、設定画面の左上の矢印「←」を押してメインの画面に戻ります。

f:id:ichbin:20171201095842j:plain

原稿の作成と投稿

原稿を書くためのテキストエディタとして筆者はQuickEdit Text Editorを使っています。はてなブログアプリの編集画面よりはよほど使いやすいエディタが他にも沢山あるでしょう。*2

出来上がった原稿をはてなブログアプリの編集画面にペーストして「公開する」ボタンを押すか、あるいはメールで投稿することで記事を公開します。

画像の挿入だけはアプリが便利

記事の本文中に画像を挿入したいときは、はてなブログアプリの編集画面のカメラの形のアイコンを押して挿入できます。自分のはてなフォトライフに画像がアップロードされ、その画像を本文に挿入するところまで自動でしてくれます。*3

*1:今日現在でGoogle Play ストアでの評価の平均値は5段階中の3.0で、最低点をつけている人が最も多い。

*2:Evernoteのノートに書いたものを取り込むという方法もあります。参照:記事に画像が多いはてなブロガーは、Evernoteで書くのが超オススメ - Habitmaker

*3:Evernoteを利用すると画像の取り扱いがしやすいそうです。参照:記事に画像が多いはてなブロガーは、Evernoteで書くのが超オススメ - Habitmaker