gnome-screenshotで撮ったスクリーンショットの保存先フォルダを変更する方法

GNOMEにデフォルトで搭載されているgnome-screenshotというソフトで撮ったスクリーンショットの保存先フォルダを変更する方法として、dconfエディターをいじる方法(下記の方法1)がありますが、それだけでは正しく変更されない場合があるようですので、その解決法(方法2)もあわせて紹介します。こちらの記事の抄訳です。

方法1:dconfエディターの設定を変える翻訳元

dconf-editorをインストールし、orggnomegnome-screenshotauto-save-directoryと進み、

f:id:ichbin:20190109082127p:plain

Use default valueのスイッチをオフにして、Custom valueのところに、保存先として指定したいフォルダのパスを記入します。

f:id:ichbin:20190109082124p:plain

方法2:Gnome Shell ExtensionのScreenshot locationsを使用翻訳元

GNOME Shell ExtensionのScreenshot Locationsをインストール。 GNOMETweaksを起動し、サイドバーの「拡張機能」のところをクリックし、Screenshot locationsの右側にあるスイッチをオンにしたうえで、その隣にある歯車のアイコンをクリック。

f:id:ichbin:20190109082122p:plain

スクリーンショットの保存先フォルダを指定するウィンドウが開くので、上述のdconfエディターに入力したのと同じパスを入力してSaveをクリック。これで完了です。

f:id:ichbin:20190109082119p:plain

記事にするほどでもない小技集(6)


〈目次〉


TwitterのタイムラインにGIFアニメーションが含まれているときにChromeの動作が遅くなる問題の対処法

Chromeのアドレスバーにchrome://flagsと入力して開く画面にて、下記の画像のように“Override software rendering list”の項目を“Enabled”にしてChromeを再起動すると、解決します。Twitter以外のサイトでも、同様に改善するものと思います。

f:id:ichbin:20190120082729p:plain

ただし、この画像にも“WARNING”とあるように、この画面内の機能を利用するうえでの注意書きが示されていますので、ご留意ください。

Manjaro Linuxの起動時にcrondを自動で起動させる方法

こちらWikiこちらのフォーラムによると、端末で

sudo systemctl enable cronie.service

と実行すると、次回のLinuxの起動時以降から、crondが自動で起動するようになります。

uGetで動画のURLをクリップボードにコピーしても自動ダウンロードさせないための設定方法

設定画面の「クリップボード」の項目で、Monitor URL of webisteのチェックを外す。

f:id:ichbin:20190110155526p:plain

Easystrokeでマウスの軌跡の背景に黒い四角形が描かれてしまう場合の対処法

LinuxマウスジェスチャソフトのEasystrokeでマウスの軌跡を描いたときに、軌跡の背景に大きな黒い四角形が描かれることがあるようです。

この問題の対処法はこちらに解説されていますが、それを実行しなくても、Easystrokeの設定画面のMethod to show gesturesのところの選択欄で他の選択肢を選ぶだけで解決するかもしれません。筆者のManjaro LinuxGNOME Edition, 18.0.2)では、XShapeを選ぶと解決しました。*1

f:id:ichbin:20190109081140p:plain

Mozcのプロパティ(設定画面)をマウスを使わずに開く方法

Mozcのプロパティとは、こちらの画面です。

f:id:ichbin:20190105092941p:plain

コマンドライン/usr/lib/mozc/mozc_tool --mode=config_dialogと実行すれば、この画面が開きます。
その他の画面の開き方についてはこちらを参照。

Windowsへのログイン時にSyncthingを自動起動し、かつコンソール画面やブラウザでの設定画面を出さない方法

Syncthing CoreをインストールしているWindowsにおいて、Windowsへのログイン時にSyncthingを自動起動し、かつコンソール画面やブラウザでの設定画面を出さない方法は、こちらのページの“Start on Login”の節に書かれています。

2.18. Starting Syncthing Automatically — Syncthing v1 documentation

内容をかいつまんで訳すと次のとおりです。

  1. syncthing.exeが置いてあるフォルダにて、syncthing.batというファイル名のファイルを作る。
  2. syncthing.batテキストエディタで開き、start "Syncthing" syncthing.exe -no-console -no-browserと記入して保存する。
  3. syncthing.batのショートカットを作り、これを、Windowsのスタートメニューの中の「スタートアップ」のところに入れる。

次回のログイン以降に、自動起動するようになります。

Linuxのuser-dirs.dirsでフォルダを変更しても再ログイン時に反映されないときのチェックポイント

Linux~/.config/user-dirs.dirsを編集してフォルダを変更しても、以降のログイン時にそれが反映されない場合は、そのフォルダがあるパーティションを起動時に自動でマウントする設定になっていないことが原因かもしれません。

パーティションを起動時に自動でマウントするかしないかを設定するソフトとしてはgnome-disksgnome-disk-utility)が便利です。

gnome-disksを起動し、パーティションをマウスで選択したうえで、歯車のアイコンのあるボタンを押し、「マウントオプションの編集」をクリック。

f:id:ichbin:20190102103850p:plain

次の画面で、“User Session Defaults”のところのスイッチを左に動かしたうえで、“Mount at system startup”と“ユーザーインターフェースに表示する”にチェックを入れ、OKボタンを押します。

f:id:ichbin:20190102103918p:plain

これで、このパーティションLinuxの起動時に自動でマウントされるようになります。

feedlyAndroid版)を旧バージョンのUIで使う方法

2018年12月7日頃のアップデートで、feedlyのアプリのUIが大きく変わりましたが、Feedly Classicを使えば、従来のUIを利用できます。無料アカウントのままでPocketへの保存もできるようです。

Kindleアプリでハイライトした部分をエクスポートすると2〜3字不足しているときの、とりあえずの対処法

Kindleのアプリでハイライトした箇所は「Kindle: メモとハイライト」にて読むことができますが、それぞれのハイライト箇所の末尾の2〜3文字がそこに含まれないというバグがあります。*2

f:id:ichbin:20181209170517p:plain

Kindleアプリでは文末の「せしなり。」までハイライトしていますが、

f:id:ichbin:20181209170627p:plain

Kindle: メモとハイライト」のページ上で読むと、末尾のところが3文字足りません。

この問題に対する根本的な解決法は分かりませんが、対症療法としては、ハイライトする部分の末尾側を2〜3文字長くハイライトすることで対処できます。ただし、その長くした部分に改行が存在していると、効果がないようです。

DynalistのLinux版アプリでZoom in / Zoom outのショートカットキーが機能しないときの対処法

Dynalistのデフォルトのショートカットキーとしては、ズームインはCtrl+]であり、ズームアウトはCtrl+[ですが、
Linux版のアプリを日本語キーボードで使っている場合には、Ctrl+[でズームインし、Ctrl+@でズームアウトする場合があります。

*1:“None”を選んでも解決しますが、軌跡が描かれなくなります。

*2:筆者のAndroid版のKindleアプリでは、2年以上これが直っていないと思います。

YouTube Musicをデスクトップアプリケーションとして利用する方法

Google Play MusicのデスクトップアプリケーションであるGoogle Play Music Desktop Player(GPMDP)を使うと、YouTube Musicをデスクトップアプリケーションとして使うことができます(GPMDPが備えている機能については後述)。


〈目次〉


Google Play Music Desktop PlayerでYouTube Musicを利用する方法

GPMDPをインストールし、起動します。

Windowsの場合は、システムトレイに表示されているGPMDPのアイコンをマウスで右クリックし、そこに表示されたメニューの中の“YouTube Music”を選択すると、このアプリの表示内容がYouTube Musicに切り替わります。

f:id:ichbin:20181114171851p:plain

Linuxの場合は、パネルに表示されているGPMDPのトレイアイコン(下記の画像では右から3個目)をマウスで右クリックし、そこに表示されたメニューの中の“YouTube Music”を選択します。

f:id:ichbin:20181114172128p:plain

Google Play Music Desktop Playerの機能

GPMDPでYouTube Musicを開くと、GPMDPが備えている機能を、YouTube Musicの利用中にも使えるようになると思われます。GPMDPの設定画面に表示されている機能のうち、主なものはこちらです(YouTube Musicの利用中に、これらの機能の全てが使えるかどうかは、未確認です)。

  • ホットキー(キーボードショートカット)
    • 再生・一時停止/停止/前の曲/次の曲/高く評価/低く評価/音量を上げる/音量を下げる/再生中の曲の情報をデスクトップ通知で表示
  • ウィンドウを閉じたらシステムトレイに最小化する
  • OSの起動時に自動で起動する
  • 起動中はコンピュータをスリープさせない
  • 音声によるコントロールをする
  • JSON APIを有効にする
  • Playback APIを有効にする
  • 起動時には、前回の起動時に最後に表示していたページを自動で開く
  • 再生中に歌詞を表示し、自動でスクロールする
  • Discord Rich Presence integration
  • メニューを日本語以外で表示する
  • ミニプレーヤー
  • Last.fmとの接続
  • ListenBrainzとの接続
  • Experimental support for multiple audio channels such as 5.1 audio
  • 低く評価した曲を自動でスキップ

Google Play Music Desktop Playerにダークテーマを適用する方法

上述の画像にもあるように、GPMDPでYouTube Musicを使う場合は、GPMDPにダークテーマを適用せよというアナウンスがされています。それを無視しても、GPMDPでYouTube Musicを問題なく使えますが、ダークテーマを適用する方法も一応紹介しておきます。

GPMDPの左側のサイドバーを開いて、「デスクトップ設定」をクリック。

f:id:ichbin:20181116125858p:plain

“Settings”というウィンドウが開くので、中央あたりにある「カスタムテーマを使用する」にチェックを入れ、その下に表示される選択欄で「ダーク」を選択。これでダークテーマになります。

f:id:ichbin:20181116125920p:plain

Linuxにおけるトラブルシューティング(1) トレイアイコンが表示されない

LinuxにおいてGPMDPのトレイアイコンが表示されていなかったり存在しない場合に、GPMDPをYouTube Musicに切り替える方法は、開発者からこちらのようにアナウンスされています(下記に抄訳)。

~/.config/Google Play Music Desktop Player/json_store/.settings.jsonの3つのプロパティを下記のように変更してから、GPMDPを起動。

{
    "service : "youtube-music",
    "theme : "true",
    "themeType : "FULL",
}

Linuxにおけるトラブルシューティング(2) Cinnamonでトレイアイコンが表示されない

Linuxのデスクトップ環境がCinnamonであるときに、GPMDPのトレイアイコンが表示されない場合があるようです。

その場合、Cinnamonのアプレットとして「サウンド」(sound@cinnamon.org)をインストールし、

f:id:ichbin:20181117100155p:plain

このアプレットの設定画面で“Hide system tray icons for compatible players”のオンとオフを交互に切り替えてみると、それまで表示されていなかったGPMDPのトレイアイコンがパネルに表示されるようです。

f:id:ichbin:20181114164608p:plain