読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【Android・iOS】返信(リプライ)で繋がった複数のツイートを1つにまとめてEvernoteに保存する方法

Android版のTwitter公式アプリを使って解説します。iOS版の公式アプリや、公式アプリ以外のアプリでも概ね同じ方法でEvernoteへの保存ができると思います。ウェブブラウザからの保存も勿論できます。

ここでは、例として永井均さんの2017年3月12日 23:44のツイートを取り上げます。このツイートは、返信で繋がった10個のツイートのうちの6番目にあたりますので、このツイートをEvernoteに保存することで10個全部がまとめて保存されればよいことになります。

Twitterの公式アプリでこのツイートを開き、

f:id:ichbin:20170313151939j:plain

ツイートの右上にある という形のアイコンを押します*1*2

すると、四角いポップアップが現れるので、その中の「その他の方法でツイートを共有」を押します。

f:id:ichbin:20170313152056j:plain

すると、共有先を選ぶ画面が現れるので、その中から「Evernote」を選択。

f:id:ichbin:20170313152340j:plain

すると、Evernoteのアイコンと「記事全体を保存中」という文字が画面の下の方に出てくるので、それが消えるまで待ちます。

f:id:ichbin:20170313152407j:plain

なお、この丸いアイコンが消えるのが早いときは、Evernoteへの保存が成功していないかもしれません。

Evernoteのアイコンと「記事全体を保存中」という文字が消えたら、Evernoteを開きます。

Evernoteの「最近更新したノート」を表示した画面の先頭に、下記のようにツイートが保存されているはずです。ただし、保存の完了まで数分以上かかる場合もあるでしょう。

f:id:ichbin:20170313152720j:plain

このノートを開いてみます。ノートのタイトルには、保存の対象としたツイートの内容が含まれています。ここで保存の対象としたツイートは、返信で繋がった10個のツイートの6番目でしたので、このノートの本文には、この10個のツイートの1番目から順にツイートの内容が保存されています。

f:id:ichbin:20170313153237j:plain

なお、保存の対象として選んだツイート(ここでは10個中の6番目のもの)のみは大きなフォントで保存されます。

f:id:ichbin:20170313153338j:plain

以下、末尾(10番目)まで保存されていました。

この記事では、返信で繋がった複数のツイートの途中にあたるツイートを保存対象として選びましたが、先頭や末尾のツイートを保存対象として選ぶことももちろん可能です。

*1:ツイートをPCのウェブブラウザで開いている場合なら、ここで「Evernoteウェブクリッパー」を起動することになるでしょう。その後の操作は、AndroidiOSを利用している場合とは異なります。

*2:ツイートをAndroidiOSのウェブブラウザで開いている場合は、ここでウェブブラウザの共有メニューから「Evernote」を選択します。

【Android版】Twitter公式アプリでプロフィール/検索/リスト/ツイート作成/DM作成などの画面をワンタッチで開くショートカットを作る方法

Twitterの公式アプリでユーザーのプロフィールページや検索画面、リスト、ツイート作成画面、DM(ダイレクトメッセージ)作成画面などを開くためのショートカットをAndroid端末のホームに設置する方法を紹介します。

ユーザーのプロフィールを開くショートカットを作る

URLへのショートカットというAndroidアプリが必要なので、インストールします。

このアプリを起動し、

f:id:ichbin:20170313132851j:plain

“URL”の欄に入力されている“http://”を削除し、

twitter://user?screen_name=ユーザー名

を入力します。ユーザー名の部分は@を除いて入力します。

f:id:ichbin:20170313133517j:plain

ここでは、例として和田ラヂヲ(@radiowada)さんのユーザー名を入力しています。なお、“名前”の欄に入力した文字がショートカットの名前になります。

左下の「OK」ボタンを押すと、Android端末のホーム画面に下記のようにショートカットが作成されます。

f:id:ichbin:20170313133928j:plain

このショートカットをタップすると、Twitterの公式アプリでそのユーザーのプロフィールが開きます。

f:id:ichbin:20170313133951j:plain

検索画面を開くショートカットを作る

上述のURLへのショートカットというアプリが必要です。

このアプリを起動し、

f:id:ichbin:20170313134412j:plain

“URL”の欄に入力されている“http://”を削除して、その欄に

twitter://search

と入力します。“名前”の欄に入力した文字がショートカットの名前になります。

左下の「OK」ボタンを押すと、Android端末のホーム画面にショートカットが作成されます。

このショートカットをタップすると、Twitterの公式アプリで検索画面が開きます。検索フォームにカーソルが入った状態で起動します。

f:id:ichbin:20170313134931j:plain

Twitterのリストを開くショートカットを作る

こちらの記事で解説されています。

新しいツイート/新しいDM(ダイレクトメッセージ)/QRコードを作成するショートカットを作る

Nova Launcherを使います。

Nova Launcherを使用している時にホーム画面にTwitterのアプリのアイコンを置き、それを長押しすると、下記のように楕円形のリンクが現れます。

f:id:ichbin:20170411171620j:plain

Twitterの検索、新しいツイートの作成、新しいメッセージ(DM)の作成、QRコードの作成という4つがあります。これらをクリックすると各々の画面が開きますが、この楕円形のリンクをドラッグして動かすと、

f:id:ichbin:20170411171739j:plain

このようにアイコン化させることができます。これをクリックすれば、Twitterの新しいツイート/新しいDM(ダイレクトメッセージ)/QRコードを作る画面がすぐに開きます。

これと同じことはADW Launcher 2でもできるようです。

【Android版】Google日本語入力の「辞書ツール」をワンタッチで起動する方法

Google日本語入力の「辞書ツール」というのは、いわゆるユーザー辞書のことで、文字変換前の読み仮名と変換後の文字のペアを登録する機能です。

f:id:ichbin:20170313155920j:plain
Google日本語入力の辞書ツールを開いたところ)

Android端末でこの辞書ツールを起動するためには、通常ならAndroidの設定画面から数回のタップが必要ですが、ワンタッチで起動できれば便利ですから、その方法を紹介します。

QuickShortCutMakerというAndroidアプリが必要なのでインストールします。このアプリを起動すると、そのAndroid端末にインストールされているアプリのアイコンと名前が並んだ画面が現れます。

f:id:ichbin:20170312093749j:plain

この中で「Google日本語入力」という項目を見つけ、その項目をタップ。すると、その下に
 Google日本語入力
 辞書ツール
と書かれた項目が現れるので、それをタップ。

f:id:ichbin:20170312094443j:plain
(この画像で下から2行目にある項目をタップ)

すると、下記のような画面が現れます。

f:id:ichbin:20170312094622j:plain

この画面の右下にある「作成」をタップすると、Google日本語入力の辞書ツールを起動するショートカットがAndroid端末のホーム画面に作成されます。

f:id:ichbin:20170312094936j:plain

このショートカットをタップするだけで、辞書ツールがすぐに起動します。

ショートカットの作成後は、QuickShortCutMakerはアンインストールしてもかまいません。

【Android・iOS】Google Play Musicで曲名・アルバム名・アーティスト名を取得する方法

Google Play Musicに収録されている曲の曲名・アルバム名・アーティスト名を取得する(クリップボードにコピーする)には、Android端末ならOmnitweetyというアプリを使えばよいのですが、このアプリを使わなくてもクリップボードへのコピーを実現する方法が一応ありますので、ここで紹介します。iOSの場合も、これと同様の方法を実行できると思います。

ただし、Google Play Musicのアプリの仕様上、特定の曲について一度に取得できる内容は下記の2種類のどちらかに限定されます。

  • 曲名とアーティスト名とURL
  • アルバム名とアーティスト名とURL

従って、特定の曲の〈曲名とアーティスト名とアルバム名〉の3つを一度に取得することはできません(煩雑ですね。何とかしてほしいものです)。

曲名とアーティスト名とURLを取得する

Google Play Musicのアプリで特定の曲(ここではヘプトーンズというアーティストの、Party Timeという曲を例にとります)を表示している状態で、画面右上の「︙」のアイコンを押して開くポップアップの中の「共有」をタップ。

f:id:ichbin:20170228142631j:plain

なお、再生リストやプレイリストを開いた状態で、個々の曲の右側にある「︙」アイコンを押してもかまいません。

f:id:ichbin:20170228143208j:plain

すると、共有先を選ぶポップアップが出てきますので、メールアプリをタップ(選択)します。

f:id:ichbin:20170228143501j:plain

ここではGmailのアプリを共有先として選択します(Gmail以外のメールアプリでもかまいません)。

すると、メールアプリでメールの下書きをする画面が現れます。

f:id:ichbin:20170228143916j:plain

メールの件名に曲名とアーティスト名が入力されており、本文にはURLが入力されています。これをそれぞれコピーすれば完了です。

ただし、件名は「〈曲名〉の〈アーティスト名〉をチェック」となっていますから、日本語の語順としてはおかしいですね。本来は「〈アーティスト名〉の〈曲名〉」という順になるべきです。取り違えないように注意が必要です。

アーティスト名とアルバム名とURLを取得する

Google Play Musicのアプリで特定のアルバム(ここではウェイラーズというアーティストの、Catch A Fireというアルバムを例にとります)を開いた状態で、アルバムのタイトルの右下あたりにある「︙」のアイコンをタップして開くポップアップの中の「共有」をタップ。

f:id:ichbin:20170228145033j:plain

そして上述の場合と同じように、共有先としてメールアプリを選択します。すると、

f:id:ichbin:20170228145204j:plain

上述の場合と同じように、件名にアルバム名とアーティスト名が入力され、本文にURLが入力された状態の画面が現れます。これをそれぞれコピーすれば完了です。

ただし、件名はやはり“〈アルバム名〉の「〈アーティスト名〉」の紹介”となっていますから、語順が逆です。取り違えないように注意が必要です。

複数のページに分かれている記事を1ページにまとめてEvernoteに保存する方法

ウェブ上の1つの記事が2ページ以上のページに分かれている場合、その記事の内容を1ページにまとめた状態でEvernoteに保存するための方法としてはこちらの記事で紹介されている方法が最も簡単だと思いますが、その方法でうまくいかない場合の代替手段を2つ紹介します。

Pocketを経由する方法

その記事の1ページ目をPocketに保存したときに、1ページ目だけでなく全ページの内容をPocketが保存できていれば、Pocketの共有メニューから「Evernoteに追加」という操作を行うことでEvernoteにその記事の全ページの内容を保存できます(ただし、保存しようとする記事の2ページ目以降を読むためにログインが必要になっているときは、2ページ目以降の内容はPocketに保存されないでしょうから、Pocketを経由するこの方法は使えません)。

例として、伊東乾氏の「子供に「すげぇ」と言わせる、できる大人の技 音は見えない? いえ見せてあげましょう! | JBpress(日本ビジネスプレス)」という記事をこの方法でEvernoteに保存してみます。この記事は下記のように4ページに分かれています。

f:id:ichbin:20170106215944j:plain
4ページ目の末尾は下記のような文言です。

f:id:ichbin:20170106220038j:plain

この記事の1ページ目をPocketに保存し、Pocketの「記事ビュー」で開きます(「記事ビュー」でなく「ウェブビュー」で開いてしまうと、全ページを保存できません)。その様子がこちら。背景色を黒くしてあります。

f:id:ichbin:20170106220133j:plain
この記事は全ページの内容がPocketに保存されました*1
画面右上の右から3つめにあるアイコンが「共有」メニューなので、これを押します。すると共有先を選ぶ画面になるので、「Evernoteに追加」をクリック。

f:id:ichbin:20170106220241j:plain
すると、Evernoteに保存中であることを示す円形のアイコンが出ます。

f:id:ichbin:20170106220341j:plain

緑色の円の中央がチェックマーク(✓)になったらEvernoteへの保存が完了したサイン。

Evernoteに保存された内容を開いた様子がこちら。記事の冒頭から末尾まで保存されています。

f:id:ichbin:20170106220625j:plain
(記事の冒頭)

f:id:ichbin:20170106220831j:plain
(記事の末尾)

「印刷用表示」を用いる方法

サイトによっては、記事を印刷するユーザーのために複数のページを1ページにまとめた「印刷用表示」を提供している場合があります。これをウェブブラウザで表示した状態でEvernoteに保存する(Evernoteウェブクリッパーを起動する)ことにより、複数のページを1ページにまとめた状態で記事内容をEvernoteに保存することができると思います。

上述のJBpressなら各記事のタイトルの右端にあるプリンタのアイコンを押すと印刷用表示になります(ログインが必要)。

f:id:ichbin:20170106222511j:plain

*1:JBpressの記事は、サイトの機能上、記事の公開から時間が経っていれば2ページ目以降の閲覧にログインが必要になっているでしょうから、記事公開後すぐでないと2ページ目以降はPocketに保存されないでしょう。